1. HOME
  2. サービス一覧
  3. CELF×奉行シリーズ

CELF×奉行シリーズ

CELFとは

Kintone

SCSKが提供する、約1,000社が利用する、Excelライクに業務アプリを作成出来るノーコードのシステム開発ツール。それが「CELF」です。

使い慣れたExcelと同様の操作性で、クラウド上でデータの一元管理が出来ます。

ノックスではCELFを利用し、クラウドシステムだけでは補えない機能をAPIを利用することによりシームレスな連携を実現します。

奉行クラウドとは

奉行クラウド

奉行クラウドとは、日経コンピュータ2022年9月1日号、顧客満足度調査2022-2023 ERP部門において、第1位を獲得したOBCの提供するシェア№1の業務クラウドシステムです。

奉行クラウドは、企業活動におけるすべての業務をつなぎ集約した業務データを企業の誰もが安全かつ自由に活用することができ、クラウド製品ならではの、制度改正などにスムーズに対応することができます。

サンプル

つながる奉行クラウド

CELFはすべての奉行クラウドとAPIでデータを繋げることができます。  CELFと奉行クラウドの連携は経験豊富なノックスにお任せください。

奉行クラウドは個別でのカスタマイズ対応が出来ません。
そこで、標準機能だけでは対応しきれない部分をCELFと連携することによりご要望を叶えます。

例えば、CELF上で伝票を作成することにより、奉行クラウドにはないマスター項目を追加することが可能です。作成した伝票はAPIで奉行クラウドへ登録!

クラウドだからとあきらめることはありません!

 

導入事例

卸売り 内容:納品先(直送先)別商品単価登録 商蔵奉行クラウド連携

導入前の課題

●既存システムの更新、クラウド製品はカスタマイズができない

既存オンプレシステムの更新費用が高く、クラウド製品への入れ替えを検討したが、クラウドシステムは独自のカスタマイズが出来ない・・・

●商蔵奉行クラウドを導入することにしたが、納品先別商品単価が無いことが判明

納品先別の商品単価を設定していたが、商蔵奉行クラウドには項目が無く運用方法を検討する必要が・・・

導入後の効果

●APIを利用しクラウドシステムと連携

多くのクラウドシステムは、独自のカスタマイズが出来ません。しかし、APIを利用し外部にデータを持つことで解決

●納品先別商品単価情報はCELFで

CELFに納品先別の商品単価情報を設定し、売上伝票を入力、APIにて商蔵奉行クラウドへ連携することにより解決

独自管理項目も仕訳連携もCELFで実現 勘定奉行クラウド連携

導入前の課題

●Excelで作成した入力画面で管理、仕訳は手入力

Excelで作成した独自の管理画面で案件ごとの経費の管理を行っており、会計システムへは手作業で仕訳入力を行い、手間と時間がかかている・・・

 

導入後の効果

●今までの管理画面と変わらないフォーマットで入力し、必要項目だけ勘定奉行と連携

CELFはExcelライクな画面構成ため、今まで利用していた管理画面と変わらないフォーマットで入力管理し、仕訳に必要な項目のみを勘定奉行へ連携することで、手間と時間の削減に成功しました

 

サービス一覧